メキシコペソ下落、米大規模入札警戒で国債上昇

メキシコ戦士の皆様

ペソがドルに対して下落しています。

情報によると
大規模な米国債入札(総額2580億ドル)が今週実施され供給を巡る懸念で・・
債券利回りが上昇し10年債利回りは約4年ぶりの高値付近まで上昇しています。

この影響でドルが強まりラテンアメリカ通貨が売られたようです。
ブラジル、メキシコ、コロンビア通貨が0.3~0.9%下落

MXYJPY,USDMXN4時間足チャート

ドルペソでペソが売られ18.7まで進み
ペソ円は5.7付近まで下落が進みました。

これからの米国債入札は以下のように予定されています。
21日、5年債入札(350憶ドル規模)
22日、7年債入札(290億ドル規模)

今日明日と入札が続きドルが買われるようであれば
ドルペソでさらにペソが売られそうですね。
18.8付近がひとつの山場となりそうです。

最後に・・
今日はガジャルドNAFTA担当チーフの演説が予定されています。
ガジャルドNAFTA担当チーフ演説予定(ロペス・オブラドール氏正式指名)

それからFOMCもありますのでこちらもご注意されてください。
日程はこちら
メキシコペソ週間見通し2018年2月第4週







メキシコペソのスワップ及び売買動向はこちら
メキシコペソ・スワップポイントカウンター!主要FX会社(毎日更新)
メキシコペソ円くりっく365売買動向(毎日更新)