メキシコペソ週間見通し2018年5月第3週(NAFTA再交渉期限&メキシコ政策金利)

メキシコ戦士の皆様

いよいよNAFTA再交渉の期限が迫ってきました。
17日までに米議会に合意を示さなければ・・
議会承認が来年に持ち越される可能性が高いようです。
ですので・・
17日木曜は市場から警戒されることになりそうですね。

この交渉ですが・・
米国が譲歩しない限り、厳しいのではとみられているようです。

それから同じ木曜に・・
メキシコ政策金利が登場します。
金利のほうですが・・
メキシコのインフレ率が5%を割っており・・
メキシコ中銀は利上げする必要が無さそうで・・
状況からみると利下げの方向へシフトしそうです。
この辺りも絡めて、警戒していきたいです。

それでは今週の日程です。
2018年5月第3週

5月14日月曜日
22:40ブラード米セントルイス連銀総裁講演

5月15日火曜日
18:00ユーロ圏第1四半期GDP
21:30米国5月ニューヨーク連銀製造業景気指数

5月16日曜日
21:30米国4月住宅着工件数
22:15米国4月鉱工業生産
23:30米国原油在庫前週比

5月17日木曜日
NAFAT再交渉期限?
21:30米国5月フィラデルフィア連銀景況指数
21:30米国5/12新規失業保険申請件数
23:00米国4月景気先行指標総合指数前月比

28:00メキシコ5/17メキシコ中銀政策金利
前回7.50%  予想7.50%

5月18金曜日
08:30日本4月全国消費者物価指数前年比
22:15米国ブレイナードFRB理事講演

メキシコペソのスワップ及び売買動向はこちら
メキシコペソ・スワップポイントカウンター!主要FX会社(毎日更新)
メキシコペソ円くりっく365売買動向(毎日更新)