メキシコのインフレ率について(市場はNAFTA再交渉を注視)

メキシコ戦士の皆様

今日からメキシコペソをカジることにした大王です。

とりあえず、メキシコのインフレ状況から調べました。

まずこちらがメキシコのインフレ率です。

メキシコ・インフレ率

年月インフレ率
2015/122.13%
2016/012.61%
2016/022.87%
2016/032.60%
2016/042.54%
2016/052.60%
2016/062.54%
2016/072.65%
2016/082.73%
2016/092.97%
2016/103.06%
2016/113.31%
2016/123.36%
2017/014.72%
2017/024.86%
2017/035.35%
2017/045.82%
2017/056.16%
2017/066.31%
2017/076.44%
2017/086.66%
2017/096.35%
2017/106.37%
2017/116.63%
これを見ると2015年末に2%程度だったインフレ率が・・
現在6.6%台までに上昇しています。

これは正直あまりいい状況ではなさそうですね。

グラフでみるとこんな感じです。
見事に右肩あがりですね。
インフレ率が上がるということは、通貨の価値が下がっているということです。

市場ではこのインフレ率を消費者物価指数として毎月発表しています。

消費者物価指数については詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

このメキシコのインフレ上昇ですが・・
主な原因はトランプ大統領の保護主義発言の原因のようです。
このことはメキシコの壁でご存じだと思います。
それから現在、市場のほうは・・
北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉の結果に視線がそそがれているようです。

この協定はアメリカ、カナダ、メキシコの3か国で結ばれており貿易全品目の関税を金額ベースで99%撤廃するという協定なのです.



現在メキシコはこういう状況におかれNAFTA再交渉の結果次第で、大きく動くことが予想されています。

現在メキシコ円は5.9台、ドルメキシコは18.94台に位置しています。

ちなみこちらがトランプ大統領が番狂わせで大統領選に勝利したときのペソの状況です。
MXNJPY,USDMXN週足チャート

メキシコペソ円は4.79まで下落し・・
ドルメキシコは大統領選後、最高22.0台まで上昇しています。

メキシコペソの運命はトランプ大統領に委ねられているようです。

この感じだと・・
メキシコペソも簡単ではなさそうですね。

戦士の皆様
トルコリラ同様・・
メキシコペソも何も考えずにポジるのは避けたほうがいいかもしれません。





メキシコペソのスワップ及び売買動向はこちら
メキシコペソ・スワップポイントカウンター!主要FX会社(毎日更新)
メキシコペソ円くりっく365売買動向(毎日更新)